イケメンAV監督

彼女たちがこの世界で最も近くにいる人は監督が多い。恋人同士になる人も少なくない。仕事をリピートしてもらいたいからでもあるから、甘えたり優しくしたり、信頼したり男として接する。お酒仲間としても時間を共にする人は多い。自分とは違って監督という仕事は尊敬することが出来るし、イケメン監督が多くなっていることから、別に無理して一緒にいることもないのだ。でも監督も信念を持って仕事をしている。いわばキャバクラ譲渡お客さんと同じ感覚。遊びには真剣でも、仕事に支障をきたすことは嫌う。仕事は仕事。遊びは遊びなのだ。遊びということは、AV女優のみんなが今後どうなっていこうとも監督には何の関係もないのだ。現実的に見方をして助けて くれ癒してくれるのは、 一般社会にいる男性のみということもこの子たちはしっかり理解している、しかしそれは本当にそうなのかと問われると違うのだ。彼らは心のどこかで彼女たちを軽蔑しているし、同情している。そして、自分の意見に正直ではなく、時には嘘もつくし、守れない約束をたくさんする。逃げ腰も早い。お金があれからと使われることも多々…。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>